デリヘル情報なら奥様専門デリバリーヘルス 人妻の花道
人妻熟女に関連するデリヘル情報を配信

デリヘルとパンスト

デリヘルのオプションにもある

デリバリーヘルスのシステムにはオプションというものが存在する。
このオプションとは言わばキャスト(スタッフ)がお客さんの要望に何処までこたえられるか、
自分の実力度を表すプロフィールみたいなものである。
鹿児島のデリヘル店舗の検索に特化したサイト等を見ていただければ説明するよりも早いのだが、
このオプションという項目は大体どの店舗も実装している。
オナニー鑑賞や聖水プレイなんていうユニークなものもあるのだが、その数あるオプションの中に
大体含まれているのが「パンスト」である。
パンスト、つまりパンティーストッキングの事だが何故このような道具が必ずと言っていいほどオプションの中に存在するのか。
デリヘルとパンティーストッキングとの関係について考えてみた。

ギリギリアウト

まずこの関係性を掘り下げる前にパンストについて説明しておこうと思う。
パンティストッキングというのは実は和製英語で、大体の場合正式な呼び名はタイツである。
ナイロンとポリウレタンという肌触りの良い繊維で作られており防寒及びファッション目的として着用される場合が殆どである。
糸の繊維が細いと肌が透けて見え、太くなるにつれ不透明度が増し完全に肌が見えなくなる。デニールというパンストで使われる
特殊な単位があり、糸が太くなる(重くなる)につれてこのデニール数が増す。これがパンストの大体の概要である。

では何故このパンストを性行の目的の一環として使うようになったのだろうか。
両足を覆い素肌を適度に隠すという意味ではズボンと同じ様な扱いだと考えるのが妥当だろう。
しかしながら実際履いている女性を目の当たりにすると非常にその概念があいまいになってしまうのである。
例えば今あなたの目の前に超絶美少女がスカートとパンストを履いて立っていたとする。
ズボンと違ってパンストは素肌が見えてしまいそうになるので、自然と目がいってしまう場合が殆どだろう。
この「自然と目がいってしまう」というのが重要で、パンストの魅力に迫るポイントだ。
パンストは股間部分を覆いスカートの中を潜り抜けて露出してくる。ある意味パンティーと同じである。
そのパンストが見えているという事はつまり隠されるべきものが隠されていないという事と同義ではないだろうか?
更にデニールによっては肌の見え方にかなり差があり薄らと見える素肌は何か見てはいけないものを見てしまっている様な感覚さえ覚えてしまう。
見えそうで見えてる、そんなギリギリのチラリズムがパンストの本質なのかもしれない。

根強い人気には理由があった

今やパンストはコンビニでも手軽に変える代物であり単価も数百円の場合が殆どである。
大体デリヘルを呼んで着用させる場合パンストを破いて挿入なんていうのがセオリーなので、鑑賞目的ではなく使い捨てだろう。
見え隠れする女の体、下着を連想させる構造、こういった要素がセックス文化の中でパンストが開花していった理由なのかもしれない。

新着記事

サイトについて

奥様専門デリバリーヘルス 人妻の花道ではアダルトを含む風俗情報を扱っております。18歳未満の方は閲覧できませんので速やかに退出してください。 また、当サイトで扱っている情報につきましては、入念に調べたリサーチした個人的意見や視聴者からの体験談を元に掲載しておりますが、
情報に対して一切の責任を負うことはできませんので予めご了承ください。
サイト内の情報を利用し受けた損害・損失についても一切の責任を負いかねますのでご自身の判断で閲覧・ご利用頂きますようお願い致します。